年末の掃除

仕事納め。自宅兼仕事場なので今更感がないでもないが、何箇所か掃除をして仕事を締めくくる。
ただし、自宅ということで明日も別の個所も掃除予定(笑

その前に昨夜からの降雪のため駐車場の雪かき。雪の捨て場のないアパートなのでほんっと頭痛いです。

今日の掃除は照明周りと換気扇とエアコンとサーキュレーター。

照明周りと換気扇は毎年のことだが、残りは夏の片付けが中途半端だったので一緒に終わらせた。いやあ、すっきり!

途中、仕事の問い合わせ電話が入り大慌てしたがトラブルもなく完了した。

マイドキュメントから消えたファイル達(2)

原因究明は年末年始休みにすることにして、ファイルの復元を試してみることにした。

EaseUS Data Recovery Wizard

なんか、これがいいらしい!?

早速体験版と思われるものをダウンロードして試してみることにした。うまくいったら儲けもの。

インストールして起動するとディープスキャンが始まった。というかあまりよく考えないであちこちクリックしていたら始まった。待つこと1時間超…。スキャンが終わったと思ったらフォルダ作成にまたまた1時間超…。

やっとリカバリーできそうな感じになったので「ポチっとな」したら「容量が大きすぎる」と言われ、ファイルやフォルダを選びなおしてみたら今度は「体験版ではスキャンまで」とかいう表示が出現した。あれ?500MBまではできるとか書いてあったはずなのに???

なんか変な操作をしてしまったか?それともエディションを間違ったか?

仮に復元できなくても今後使うこともあるかもと試しているので支障はないが、ちょっと肩透かしを食らった感じ。またディープスキャンだったからかと思ううがスキャン中はPCの動きがやたら重くなるので、日中にスキャンかけるとストレスがたまる。

どうしよう?違うやつをダウンロードしてみるか。

マイドキュメントから消えたファイル達

Outlookの設定ファイルが見つからない(消えた)時点で ”嫌ぁ~” な予感はしていたが、やはりそうだった。マイドキュメントフォルダの中身が空になっていた!!!

幸か不幸か、習慣的にマイドキュメントにファイルを保存することはあまりしないので、そこには個人的に分類のしにくいファイルや一時的なものを置くぐらいなのであまり支障はないはず。

しかし意図せず、それも突然にファイルが消えるのは困るし気持ち悪い。もっともMicrosoftだし…と言ってしまえばそれまでだが。直前24時間の操作を思い起こすとOneNoteあたりが影響していそうな気がしている。ず~~~~っとオフにしていたのを一瞬使ってみようかとオンにして設定も少々調整したのだが、何となく気に入らない。やはりやめようということで止めたが、バックアップ同期させたまま削除しちゃったのか?とか推測している。もしそうならば他にも消えたファイルがあるかもしれないと、少々不安になっているが今のところそれらしき形跡は見つかっていない。

今後の課題として下記をチマチマとやってみる。

  • 原因究明
  • 消えたファイル達の復活

sylpheedを試してみる

ということで改めてsylpheedを試してみることにした。
しばらく前に一度試したことがあったのだが、何らかの理由で使うのをやめたような記憶がかすかにある。

その理由が何なのだったのかは覚えていないのだが、おそらく受信メールの振り分け方法とかアカウントの管理方法だとか、その辺の使い勝手だったのだろうと思う。

開発更新はされているようなので「何か変わっているかもしれない」と再挑戦。しばらく使ってみて様子を見ることにする。

(怒)Outlookでメールの送受信ができない

原因は不明だが、突然Outlookが不機嫌になった。ファルダが壊れたとかファイルにアクセスできないとか、エラーメッセージが出まくり。それでなくてもOutlookは使いにくくて嫌いなのに。

じゃあ、使うな!というところなのだが、もちろん普段は別のものを使っている。が、理由があって使わざるを得ない。

アンインストールの誘惑にかられながら、最終的に下記のページを見つけてどうにか復旧した。

Outlookエラー
「0x8004010F: Outlook データ ファイルにアクセスできません」(=送受信できない)を解決

助かりました。

問題があるから楽しめる…のかも

CGIとかExcelとかで何か作ることは面白い。だが、作るものはおいそれと思いつかない。

思いつくには仕事で問題や課題が必要。それに対しての解決策として作ったものは誇らしい。

自分が面白くなるためには仕事での問題が必要。だが仕事に問題があるということは精神的に追い詰められる。ジレンマだ。

パソコン教室

改めてパソコン教室の開設を考えてみる。

本腰入れて「商売」としよう。

実際に何を取り扱うか、どんな教材を使うか、退職後も念頭に入れて準備したい。

年末調整

年末調整作業を終えた。

毎年のことだが、年1回の作業のため毎回思い出しながらの作業となる。小難しい説明や用語はいいから、とにかく簡単にできないかと切望している。こういうのこそ簡単に計算してくれるテンプレートとかを税務署が公式ツールとして出してくれればいいのに…と思う。ビデオなんか作らなくてもいいからさ。

専用ソフトを使用すれば?ということになるのだろうが、職員数名の極小規模法人では予算的になかなか踏み切れない。オンラインのものも使用しているが、現時点で完全に移行しきれていない。

そこでフリーで使用できるものを探すわけだが、確定申告に比べ年末調整用のExcelファイル等はネット上でなかなか見つけられない。いや、見つけられるのだがフリーで使用できて操作しやすいものとなると、好みもあるせいかこれがなかなか見つからない。税務署に至っては書式のPDFがど~んとあるだけ。確定申告だとオンラインもあるくせに…。書式があるだけ親切なのだろうけど、細かい文字がぎっしりでうんざりなんだよね。

そこで、2018年の春先の暇なときにExcelに算出部分をおこしてみたが、控除とかの入力部分はどうしても人間の判断が必要なのだと実感してあきらめた。

そうだよね。保険料なんて千差万別だよね。

要はどうしてもややこしくなるということが分かったということだ。だから万人向けのツールを探すのが難しいのだろう。

金種計算をしたい

検索するとよく見かける。5年位前にネット情報を参考に「今更…」と思いつつ作成した。

アルゴリズム自体は先人のものを拝借するが、自分の使い勝手が良いようにしたい。

運用条件

  1. 合計金額から金種計算をする。
  2. 複数名分をそれぞれ金種計算する。
  3. 両替手数料が発生する硬貨数や紙幣数の時は警告を表示
  4. ついでにラベル印刷もできると嬉しい。